YouTubeの再生回数って購入していいの?

YouTubeの再生回数

いまやテレビに変わる巨大メディアとなりつつあるYouTube。
個人クリエイターだけでなく著名人や企業もYouTubeを活用する時代になりました。
そんな激戦区となったYouTubeで「再生回数が思ったように伸びない」「なかなか認知してもらえない…」との悩みから再生回数の増加サービスの利用をお考えの方も多いのではないでしょうか?
そこで今回はYouTubeの再生回数や認知度を一気に伸ばす再生回数購入サービスについて解説していきます。

結論 再生回数を安易に購入してはいけません

「YouTube再生回数 購入」や「YouTube視聴回数 買う」などと検索すると検索結果画面にたくさんの再生回数購入サービスが表示されます。
でもこれらのサービスに安易に手を出してはいけません。
なぜなら再生回数を増やすこれらのサービスには、使用すればYouTubeからペナルティを受けてしまう規約違反サービスと、ペナルティを受けない規約に遵守したサービスの2種類があるからです。

規約違反となるサービスとは

規約違反となるサービスとは

YouTubeではYouTubeコミュニティガイドラインという、コンテンツ運用に関する明確なルールが用意されています。このルールに違反するとチャンネルや動画コンテンツの削除といったペナルティを受けることとなります。
もしあなたが動画の再生回数を増加させるサービスを検討しているのなら以下の「虚偽のエンゲージメントに関するポリシー」を十分理解する必要があります。

虚偽のエンゲージメントに関するポリシー

自動システムを使用して、または何の疑いも持たない閲覧者に動画を示して、視聴回数、高評価数、コメント数、その他の統計数を故意に増やそうとする行為は、YouTube で許可されていません。加えて、エンゲージメント(視聴回数、高評価数、コメントなど)を得るためだけに視聴者を呼び込むコンテンツは禁止されています。このポリシーに準拠していないコンテンツとチャンネルは、YouTube から削除される場合があります。
チャンネルの宣伝のために他者を雇用した場合、委託相手による活動もチャンネルに影響する可能性がありますのでご注意ください。ポリシーに違反する行為は、お客様自身のものであってもお客様の委託相手のものであっても、コンテンツやチャンネルの削除につながる可能性があります。
YouTube では、人間のユーザーが強制や欺瞞なくコンテンツと関わることを主目的として操作を行った場合、または金銭的な利益を得ることがエンゲージメントの唯一の目的である場合、そのエンゲージメントは正当であると判断します。

要約すると以下の通りです。

Botなどの自動システムを使って再生回数などを意図的に増加させてはならない。
・エンゲージメントを得るためだけの動画コンテンツをアップロードしてはいけない(相互登録の誘い等)。
・業務委託した業者などの第3者が違反した場合でも責任をとるのはチャンネル運営者本人。
・実在する人の視聴のみが正当な視聴である。
・ユーザーを強制したり騙したりして視聴させてはならない。

つまり「ズル」したらダメってことですね。
繰り返しになりますが、これらのルールに違反するとペナルティとして動画コンテンツだけでなくチャンネル自体が削除されてしまう恐れがあります。
いわゆる「BAN(バン)」になってしまうということです。くれぐれもご注意ください。

規約違反となるサービスの見分け方とリスク

YouTubeの再生回数サービス見分け方

それではどのようにしてYouTubeの規約違反となるサービスとそうでないサービスを見分ければ良いのでしょうか?
その答えは再生回数を増加させる手法の違いにあります。
ほとんどのサービスサイトでは「規約に遵守しているから安全」と謳われているのですが…実はそうでもないようで、Botや海外アカウントを使ってYouTube動画の視聴回数を操作する規約違反サービスが結構多いんです。
そこでまずはサービスサイトの手法の説明部分をしっかりと確認しましょう。
もし手法説明部分やよくある質問部分に「独自のシステムで再生回数を増やしています」とか「最も安全な方法でサービス提供しています」といった抽象的な説明だけが表記されているようだと要注意です。
こういった抽象的な表記だけの場合は「コミュニティガイドラインになんとか抵触しないように工夫されているサービスです」と書かれていると理解すべきです。
いわゆるグレーなサービスですね。
このようなグレーなサービスには規約違反としてBANされる以外にも以下の様なリスクやデメリットがあることも理解しておきましょう。

再生回数が数日後大幅に減少

規約違反としてのペナルティは受けなかったとしても、一時的に増加した再生回数が数日で元通りになってしまうことがあります。これはYouTubeのAIが常に不自然な再生動作を厳しく監視しているためで、グレーな行為による再生回数増加はリセット対象になってしまうことがあるからです。

視聴維持率が極端に下がる

システムや海外アカウントを使った再生回数増加サービスは、その動画コンテンツを視聴してもらうことが目的ではなく再生回数を増やすことだけが目的です。ですから動画を再生して数秒で動画を離脱していきます。YouTubeのアルゴリズムにおける動画の評価基準には、再生回数だけではなく視聴維持率や総再生時間なども含まれていますので視聴維持率が異常に低い動画は「つまらない動画」として評価を落としてしまう可能性が高いのです。一時的な再生回数増加のために動画コンテンツそのものの評価を下げて自然流入を減らしてしまってはなんの意味もないですよね。

選択すべき再生数増加サービスとは

ではどのような再生回数増加サービスを選べばいいのでしょうか?ポイントは以下の2つです。

Google広告を活用したサービスを選ぼう

まようことなくGoogle広告を活用した再生回数増加サービスを選びましょう。
Google広告は、当たり前の話なんですが、YouTubeを運営しているGoogle自体が提供しているサービスですから規約違反になりようがありません。
再生数を買うって聞くとなんか怪しい感じがしてしまいますが、Google広告を活用したサービスは実はまったく怪しくないんです。
グレーなサービスとGoogle広告を活用したサービスの再生回数増加プロセスを比較してみましょう。

規約違反となる再生回数増加サービス
規約違反とならない再生回数増加サービス

グレーなサービスでは動画再生回数を伸ばすことのみを目的としているのに対して、Google広告を活用する再生回数増加サービスは出来るだけ多くのYouTubeユーザーに動画の存在を認知してもらうことを第一に考え、その結果として動画再生回数を増加させているのです。
この動画視聴してみませんか?面白いですよ?ってたくさんの人たちにアピールすることで、じゃあ一回視てみようかと考えた視聴者に主体的に動画を再生してもらうことで再生回数を増やしているっていうことなんです。さらにアクティブな視聴者は視聴した動画コンテンツが面白ければ一瞬で離脱するってこともありませんし、なにより「いいね」や「登録」をしてくれるという副産物まで期待できます。
リスク回避という観点だけではなく、こういった副次的なメリットを考えても、あきらかにGoogle広告を活用した再生回数増加サービスを選ぶべきだということがお分かりいただけると思います。

国内企業が運営するサービスが安心

規約違反なのでは?と思われるグレーなサービスは「海外の企業が運営しているサービス」または「個人で運営しているサービス」が多いようです。一般的にはクレジットカードでの先払いとなるこのようなマーケティングサービスでは運営元がしっかりとしているかが非常に重要ですよね。料金を支払ったものの本当にそのサービスが提供されるのかわからない、不安な部分を問い合わせる方法がない、サービス購入後になにかあったときに対応してくれない、こういったことがないように身元がしっかりとしている国内の企業運営のサービスを選ぶことをおすすめします。

最後に

今回はYouTubeの再生回数増加サービスを利用する際の注意点について解説してきました。
安易にグレーなサービスに手をだして、これまで制作してきた大事な動画コンテンツやチャンネルが削除になってしまったら…想像しただけでも冷や汗がでますよね。
そうならないためにも、ご検討されているサービスの手法説明や利用規約をしっかりと理解した上で利用するようにしましょう。
なお当サービス「BOOSTO(ブースト)」はGoogle広告を活用して出来るだけ多くのユーザーにリーチすることでアクティブな視聴を増加させるマーケティングサービスとなっています。各サービスの詳細説明やよくある質問をご覧いただきぜひご活用ください。

関連記事